03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

ローンウルフのロンリーライフ

日々の暮らしを思いつくまま、気が向くまま、綴ってみます

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

『What a beautiful memory 2009』 in 武道館

2009.05.28/Thu/12:00:00



ローンウルフです。


『What a beautiful memory 2009』に、行って来ました。

18:00頃に武道館ついたので、献花台にお花を手向けて、少し散策。
グッズコーナーで、Tシャツやキーホルダーを購入、今日リメイクされて発売された「素直に言えなくて」も購入。
観客は、相変わらず老若男女問わず幅が広いです。
30代から40代が大半を締めますが、制服の女子高生もいるし、高齢者もいました。

会場に入ると、ステージ真ん中少し奥には、泉水さんがレコーディングの際に使用していた?トイピアノが置かれていました。
バンドの構成は、ドラム2人、ベース1人、エレキ2人、アコギ1人、シンセ1人、サックス1人、コーラス1人とシンプルで、バイオリンがなかったのが少し淋しかったですが、この夜の選曲からすれば、妥当な感じです。

インフルエンザの影響か、マスクをしている人も目立ちました。
客席はほぼ満席、観客数は昨年の代々木競技場と同じ約9,000人だったようです。

開演:19:05 場内の明かりが一斉に消える。
2004年の『What a beautiful Moment Tour』と同じ、「永遠(22th single)」のインストバージョンで、泉水さんの経歴やZARDの足跡を紹介。

1.きっと忘れない(10th single)
三回忌のオープニングには、良い選曲、会場は一斉に手拍子。
映像は、プロモーションビデオやスタジオライブ、テレビ朝日が協賛なので、Mステーションの映像も一部使われたのかもしれません。

2.君に逢いたくなったら・・・(20th single)
大好きな詞、「きっと忘れない」「君に逢いたくなったら・・・」とつながりも良い。

3.Top Secret(5thアルバム「OH MY LOVE」収録のオリジナル曲)
この映像は初めて、結構好きな曲、こういうの見たかったので嬉しい。

4.こんなに愛しても(3th single「もう探さない」のカップリング曲)
映像、超若いです。
あまり人気がないですが、泉水さんと出会いの曲は「もう探さない」でした。

5.You and me(4thアルバム「揺れる想い」収録のオリジナル曲)
のっけから会場のテンションが高いので、スローなバラード。
この映像も初めて、シングルカットされていないアルバムオリジナル曲やシングルのカップリング曲が多いのは嬉しい。

ナビゲーターの古賀涼子(TOKYO FM)さん登場
昨年の代々木では、演出の所為で、盛り上がっていた会場に冷水を浴びせるような告別式の司会のような話し方で、またか・・・と思いましたが、杞憂に終わりました。
ハイテンションの明るい声、「三回忌のライブを楽しみましょう」、これで良いのです。

6.息もできない(24th single)
ZARDらしい、明るく元気でライブ向けの曲。

7.好きなように踊りたいの(3thアルバム「HOLD ME」収録のオリジナル曲)
これも初めて、楽しそうに踊りながら歌う泉水さん、しびれちゃいます。

8.雨に濡れて(5thアルバム「OH MY LOVE」収録のオリジナル曲)
4thアルバム「揺れる想い」から、テレビ出演がなくなってしまったので、これも初めて、。

9.Good-bye My Loneliness(1st single)
デビュー曲、最も若い映像。

10.ハイヒール脱ぎ捨てて(6thアルバム「forever you」収録のオリジナル曲)
前回がヒット曲のオンパレードだったので、初めての映像が多くて嬉しい。

再びナビゲーターの古賀涼子(TOKYO FM)さん登場
一人目のゲスト、池森秀一(DEEN)さんを紹介。
泉水さんと縁の深いバンド、DEENには「翼を広げて」「瞳そらさないで」「Teenage dream」の3曲の詞を提供。

11.瞳そらさないで(6thアルバム「forever you」にセルフカバーが収録)
アップテンポなDEENバージョンと、スローテンポのZARDバージョン、当たり前だが泉水さんに合わせて池森さんと、バーチャルデュエット、バックの映像は大阪のライブハウスで収録されたもの。楽しいコラボ、深々と観客に礼、池森さん、拍手に見送られて退場。

代わって二人目のゲスト、ピアニストの羽田裕美さん登場。
多くのZARDの曲をピアノ・インストゥルメンタルでカヴァーしているので有名。

12.Get U're Dream(32th single)
13.夏を待つセイル(帆)のように(40th single)

ピアノソロで演奏、「Get U're Dream」の曲の途中で「夏を待つセイル(帆)のように」が入って、最後は「Get U're Dream」で終わる、しっとりしたピアノ。
羽田さんも、拍手に見送られて退場、中々良いです。

一斉に観客が、サイリウム点灯

14.かけがえのないもの(38th single)
映像は、CDやDVDに使われたものや未発表のスチール写真が中心で、左右に揺れるペンライトが美しいです。
アリーナ席の観客は、綺麗に揃ってますが、1階席、2階席は少しバラバラ、仕方ないですね。

15.Forever you(6thアルバム「forever you」収録タイトル曲)
大阪のライブハウスで収録された映像、白いTシャツに、黒のロングスカート、左側に大きなスリット、歌っている泉水さんのスカート姿ははじめて見たかも?、声も綺麗で、めまいがしそうなほど美しいです。

再びナビゲーターの古賀涼子(TOKYO FM)さん登場
三人目のゲストは、今日リリースされた「素直に言えなくて」にコーラス参加している、倉木麻衣さん。
「素直に言えなくて」は、泉水さんが初めて作曲を手がけた曲。

16.素直に言えなくて(45th single)
オリジナルは、「不思議ね・・・(2nd single)」のカップリング曲。
ワンコーラス目は、泉水さんがメインボーカルで、次は麻衣さんがメインをつとめる感じ、このバーチャルデュエットも良い。
倉木さん、深々と礼をして、大歓声に送られて退場。

17.心を開いて(18th single)
「負けないで」と並んで、ウルフが最も好きな曲。
会場中が手拍子、アリーナでは、少しずつスタンディングが始まる。

18.もう少しあと少し・・・(9th single)
それにしても、初期の作品が多くて、泉水さんが若くて綺麗だ。
『What a beautiful Moment Tour』でも歌われたので、DVD未収録の会場の映像も使って欲しかった。

19.My Baby Grand ~ぬくもりが欲しくて~(23th single)
これも、大好きな曲、昨年は、ステージ中央に置かれたトイピアノにスポットが当てられて、古賀さんが歌詞を朗読するお通夜のような演出で堪えたが、今回はワンコーラス目が終わったところで、ステージ中央に置かれたトイピアノがアップで映し出されてフェードアウト、良い演出。

20.あの微笑を忘れないで(3thアルバム「HOLD ME」収録のオリジナル曲)
シングルカットされていないのが不思議なほど好きな曲。
『What a beautiful Moment Tour』では、メドレーで使われたのでワンコーラスだけだったけど、今回はフルバージョン。アリーナ席は、ほぼ総立ち。

21.Today is another day(7thアルバム「Today is another day」収録タイトル曲)
これも、大好きな曲。
スタンド席も、スタンディングが増えて、会場はのりのり。

22.I'm in love(6thアルバム「forever you」収録のオリジナル曲)
これも初めて、こんな映像あるんだ・・と、感激。
今回の構成は、ロック調の曲や乗りの良い曲、励ましソング中心なので、選曲されたのでしょう。

23.君がいない(7th single)
これが来ると、クライマックスが近いのは誰でも周知。
観客の半分以上が立ち上がって、手拍子。

24.マイフレンド(17th single)
この辺から、席を離れて踊りだす人も増えてきました。

25.Don't you see!(19th single)
『What a beautiful Moment Tour』でのエンディング曲。
「Don't you see」の歌詞に合わせて、みんな乗り乗りで、ほぼ総立ち。

21:00:一礼して、メンバー退場
この辺の演出が疑問、アンコールなして最後まで行って欲しかった。
会場からは、「アンコール」と「ザード」の合唱と手拍子。

21:05:メンバー再登場

26:揺れる想い(8th single)
『What a beautiful Moment Tour』では、オープニングを飾った曲。
外せない曲なので、アンコールの一曲目に。

27:こんなにそばに居るのに(12th single)
『What a beautiful memory 2008』とほぼ同じ演出で、ワンコーラス目にメンバー紹介、メンバーは実際のライブツアーとほぼ同じ。

28:負けないで(6th single)
エンディングを飾るのは、もちろんこの曲。
ゲスト三人も再登場して、全員総立ちで大合唱。

21:25:泉水さんの写真を中心に、ゲストとバンドメンバー全員が横一列に並んで、深々と頭を下げて閉幕。

次は、再来年の2月にデビュー20周年記念ライブを企画中との事、個人的には毎年命日に開催して欲しいです。









昨年の一周忌のライブに比べると、少々疑問の残る演出もありましたが、全体的に良かったです。
徹夜でブログ書いてたので、誤字脱字やミスも多々あると思います。

沢山元気を貰ったので、今日から、また頑張ります。
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

ZARD/坂井泉水さんの三回忌

2009.05.27/Wed/12:00:00



今日は、ウルフにとって、絶対に忘れられない日。

大好きだった、ZARDの泉水さんが亡くなって、もう2年も経つのですね。
ウルフが沢山借金を抱えて、一人でもがき苦しんでいたとき、泉水さんの歌がいつも励ましてくれました。

これから、武道館で開催される『What a beautiful memory 2009』に行ってきます。

トップの泉水さんの写真は、昨年の一周忌に国立代々木競技場第一体育で開催された『What a beautiful memory 2008』を観に行った時にいただいたメッセージカード、大切な宝物です。


昨年の会場風景(開演2時間前)。






下の写真は、一昨年に営まれた音楽葬、『ZARD/坂井泉水さんを偲ぶ会』に参列した時にいただいたメッセージカード、大泣きしたのが忘れられません。



泉水さんと同じ天国にいけるように、ウルフも負けないで頑張ります。
ずっと、見守っていてください。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。